野口普子編著

看護師・コメディカルのための医療心理学入門

四六判 224頁 定価(本体2,800円+税) 2016年2月刊


 
 

ISBN978-4-7724-1482-1

 医療現場は、患者やその家族、同僚や多職種といった多様な人間関係の上に成り立っている。しかし、多様な人間関係の中での関わり方は個人の経験や資質に頼って対応しているのが現状である。
 対応に迷ったとき、心理学の知見が現場でも役に立つことが多い。
本書では、各テーマで@現状と課題、Aそこで用いられている心理学の理論の概説、B現場の実践という記述に分けて、読者がイメージしやすく、理解が進むように丁寧に概説していく。

おもな目次

はじめに

第1部 医療の現場で出会うこころの諸問題

  • T 「こころ」と「身体」の関係
  • U こころの不調を紐解くための基礎知識
  • V うつについて
  • W 不安について

第2部 医療現場の特性から考える

  • T 身体とこころの関係
  • U 命に関わる病
  • V 突然の衝撃的な出来事の影響

第3部 チーム医療の関わりから考える
文献
おわりに