門本 泉,嶋田洋徳編著

性犯罪者への治療的・教育的アプローチ

A5判 280頁 定価(本体4,200円+税) 2017年9月刊


 
 

ISBN978-4-7724-1580-4

 社会問題としての性犯罪を論じた報道は多くあるが,性犯罪を起こした人を「いかに理解し,いかに関わるか」を詳説した書物は未だ少ない。この現実を前に,刑事施設における性犯罪者処遇プログラムに携わった専門家たちが結集する。ここにあるのは無敵の知でもなく,学術的視点のみから構成された性犯罪防止の包括的提言でもない。性犯罪の理論的考察,性犯罪の心理臨床概論,性犯罪の治療理論,性犯罪臨床の実践アプローチまで,性犯罪の再犯防止に取り組む実務家,そして性犯罪からの回復を目指す人々を支える「現場の知」。性犯罪を起こした人を理解・支援するための方法論を解説した,性犯罪者と日々向き合う経験から織り成された実践知の集積。

おもな目次

第1部 概論・基礎篇

  • 1 性犯罪者と心理療法/朝比奈牧子
  • 2 性犯罪の概観――統計的・臨床的観点/木暢之・猪爪祐介
  • 3 性犯罪者の横顔――性犯罪者はモンスターか?/西田篤史・元木良洋
  • 4 性犯罪の治療理論@――精神医学的面接・集団精神療法・依存症臨床・対人関係精神分析/辻 啓之
  • 5 性犯罪の治療理論A――認知行動療法/嶋田洋徳

第2部 各論・実践篇

  • 6 初心者へのガイド――性犯罪者処遇を担当することになったら/神藤彩子
  • 7 性犯罪の理解――査定面接でのフィードバックから動機に迫る/與那覇聡
  • 8 性犯罪者のグループワーク@――8つの類型から考える性犯罪者と向き合う姿勢/犬塚貴浩
  • 9 性犯罪者のグループワークA――グループの停滞(拒否と抵抗)/森田陽子
  • 10 性犯罪者のグループワークB――治療環境と「場」という視点/古根俊之
  • 11 性犯罪者のグループワークC――性犯罪者処遇における「今ここ」/寺田 孝

第3部 応用・発展篇

  • 12 臨床家のセルフケア/浪越康弘
  • 13 力動的集団心理療法の視点――性犯罪者処遇プログラムのスーパービジョンの経験から/西川昌弘
  • 14 医学からみた性犯罪/小畠秀吾
  • 15 日本における性犯罪者処遇の今・昔・未来/中村 修