Seeking Safety:A Treatment Manual for PTSD and Substance Abuse

リサ・M・ナジャヴィッツ著/松本俊彦,森田展彰監訳

PTSD・物質乱用治療マニュアル
「シーキングセーフティ」

B5判 500頁 定価(本体6,000円+税) 2018年1月刊


 
 

ISBN978-4-7724-1600-9

 PTSDと物質乱用への心理療法に関する研究は,比較的最近になって進められており,長年の間,治療においても,研究においても別々の問題として取り扱われてきた。
 本書で展開される治療モデルは,重複障害に対するものとしては,世界で初めて学術的な効果検証が行われた治療法であり,患者やセラピストにきわめて好ましい効果をもたらすことが示されている。
 この治療モデルでは,患者の安全の確立こそが臨床的にもっとも必要な支援であるとする「シーキングセーフティ」という原則にもとづいて,PTSDと物質乱用に対する心理療法を構成する,25回分のセッションをとりあげている。認知・行動・対人関係という3つの領域に大別されるすべてのセッションで,両疾患に関するセーフティ(安全)な対処スキルが示される。
 ここで提示される治療モデルは,かぎられた時間のなかですぐに使えるツールを求めている,臨床の最前線にいるセラピストにとっては,現状においてもっとも有用な治療アプローチである。

おもな目次

第1章 概要 3

  • PTSDと物質乱用 3
  • この治療法について 7
  • 「シーキングセーフティ」の原則 8
  • どのように治療を進めるか 20
  • 臨床研究の結果 23
  • 「シーキングセーフティ」は従来の治療法とどの点で異なっているのか 25
  • ある患者のPTSDと物質乱用の経験 28

第2章 治療の実施にあたって 30

  • 治療の形式 30
  • さまざまな状況に対する「シーキングセーフティ」の適用 33
  • 準備 36
  • プロセス 38
  • セッションの施行 42
  • 治療ガイドライン 56
  • 問題となる状況と緊急事態 62
  • 治療開始にあたってのチェックリスト 65
  • すべてのセッションで使う配布資料 66
  • 治療セッションのテーマ 79
  • 治療への導入/ケースマネジメント 81
  • セーフティ 117
  • PTSD:あなたの力をとりもどす 135
  • 感情的な痛みを遠ざける(グラウンディング) 154
  • 物質があなたを支配するとき 168
  • 助けを求める 203
  • 自分を大切にする 215
  • 思いやり 225
  • 赤信号と青信号 234
  • 正直であること 245
  • 回復につながる考え 256
  • 分裂した自己を統合する 275
  • 誓い 285
  • 意味を創り出す 298
  • 社会資源 309
  • 関係性に境界線を引く 322
  • 発見する 343
  • 回復への支援者を得る 358
  • トリガーに対処する 384
  • 自分の時間を大事にする 394
  • 健康な関係性 407
  • 自分を育てる 419
  • 怒りをなだめる 429
  • 人生選択ゲーム(復習) 451
  • 治療終結 458