栄セツコ著

病いの語りによるソーシャルワーク
エンパワメント実践を超えて

A5判 230頁 定価(本体3,000円+税) 2018年10月刊



ISBN978-4-7724-1644-3

 近年,精神障害者の地域移行や地域生活支援が提唱されるなかで,精神障害者に対する支援も単に個別支援やグループの支援だけではなく,地域そのものに理解を求めたり,地域生活に必要な資源を開発したりする必要性が強まってきた。しかし,未だ精神障害者に対する社会の偏見は根強くある現状のなかで,精神障害をもつ人々が一人の市民としてのアイデンティティを確立し,本人自身が抑圧的な社会環境を変えていく方策を解明することが喫緊の課題と言える。
 本書では,精神の病いそのものと社会の偏見によってパワーを喪失した精神障害をもつ人々が,いかにして自らの声を取り戻し,病いをもちながらも自分らしい生活を再構築していくのか,その当事者と協働する援助専門職のエンパワメントに基づく支援モデルを提示した。その支援の独自性として,病いの語りに着目したことがある。病いの語りには,精神の病いを経験することで得た生活の知恵をが織り込まれていることに特性がある。
 本書で紹介したソーシャルワークの実践的研究では病いの語りの特性に価値を置き,語りそのものがもつ力を,ミクロレベルを超えてメゾレベル,エクソ・マクロレベルの実践への活用に試みた研究である。その一方で,精神障害者のエンパワメントを目指した実践を試みる援助専門職がもつ権力性にも言及している。この書の特性から,広く精神障害者の支援に携わるソーシャルワーカーの方々に読んでいただき,ソーシャルワーカーのメゾレベル,エクソ・マクロレベルの実践の可能性を考える機会になれば幸いである。

おもな目次

はじめに
解題:立岩真也
第1部 病いの「語り」とエンパワメントの理論
序 章 「研究者の私」による「援助専門職の私」の当事者研究
第1章 エンパワメントを志向するソーシャルワーク実践の理論的枠組み
第2章 エンパワメントと病いの語りの関連性
第2部 病いの「語り」とエンパワメントの実践
第3章 語り部グループ「ぴあの」の教育講演会活動の実践的枠組み
第4章 当事者が物語る病いの語り
第5章 「リカバリーの物語」の生成過程における援助専門職の機能と役割
第6章 公共の場における語りは精神障害者に何をもたらしたのか
第7章 公共の場における語りが社会変革をもたらす可能性
第3部 「援助専門職の私」の当事者研究
終 章 エンパワメントを志向する実践を超えて
あとがき