『臨床心理学増刊第10号 当事者研究と専門知』

熊谷晋一郎責任編集

B5判/200頁/定価(本体2,400円+税)



1 みんなでつくる当事者研究

  • 知の共同創造のための方法論
  • 熊谷晋一郎

2 言いっぱなし聞きっぱなしの「当事者研究会議」

  • 座談会
  • 言いっぱなし聞きっぱなしの「当事者研究会議」
  • [司会]熊谷晋一郎/秋元恵一郎・綾屋紗月・楳原節子・上岡陽江・倉田めば・白井誠一朗・美郷・山根耕平

3 いっしょにつくる当事者共同研究

  • 1−遺産継承
  • 対談
  • 継承すべき系譜@―運動
  • 熊谷晋一郎・尾上浩二
  •  
  • 座談会
  • 世代間継承@―身体障害・難病篇
  • [司会]熊谷晋一郎/川合千那未・川風ヌ太・白井誠一朗・廣田喜春
  •  
  • 継承すべき系譜A―自助グループ
  • 野口裕二
  •  
  • 座談会
  • 世代間継承A―自助グループ編
  • 秋元恵一郎・楳原節子・上岡陽江・熊谷晋一郎・倉田めば・美郷
  •  
  • 2−スティグマ
  •  
  • 多重スティグマ@―精神障害と恥
  • 樫原 潤・石垣琢麿
  •  
  • 多重スティグマA―依存症・セクシュアリティ・HIV/AIDS
  • 新ヶ江章友
  •  
  • 多重スティグマB―依存症者の子育てとスティグマ
  • 熊谷晋一郎
  • 医療者の内なるスティグマ―知の再配置の試みから
  • 熊倉陽介
  •  
  • 差別されない権利と依存症
  • 木村草太
  •  
  • 3−当事者性と専門性/当事者性の専門性
  • 専門家と当事者の境界
  • 信田さよ子
  •  
  • ピアワーカーの政治(politics)
  • 松田博幸
  •  
  • アカデミズムと当事者ポジション
  • 上野千鶴子
  •  
  • 4−回復―言葉・集団・健康の視点から
  • ハームリダクションのダークサイドに関する社会学的考察・序説
  • 平井秀幸
  •  
  • 言葉と組織と回復―当事者研究・自助グループと対話
  • 大嶋栄子
  •  
  • 「ゆるゆる組織」のエビデンス―当事者運営組織と高信頼性組織研究
  • 中西 晶
  • 食生活と回復のメカニズム―精神栄養学の立場から
  • 功刀 浩

4 「いっしょにつくる当事者共同研究」のその後

  • 「知の共同創造と再配置」のための編集後記―「当事者共同研究」への応答
  • 熊谷晋一郎


好評発売中!!
『精神療法第44巻第2号』
発達障害の精神療法と心の発達

B5判/150頁/定価(本体2,000円+税)



  • はじめに―いま何故,発達障害の精神療法なのか:齊藤万比古
  • 自閉スペクトラム症の診断と治療的難しさ―神経発達症群/神経発達障害群:デール・ルディン・中村紀子・ステファン・E・フィン
  • 発達障害児の母子関係への修正的介入―自閉スペクトラム症の男児と母の親子相互交流療法(PCIT)の治療経過を中心に:細金奈奈
  • 発達障害のペアレント・トレーニング:岩坂英巳
  • 発達障害児のプレイセラピー:太田智佐子
  • 思春期の発達障害児との集団精神療法:渡部京太・中里容子
  • 認知行動療法的アプローチは心の発達にどうサポートするか?:明翫光宜
  • 他者との営みに触れてゆくこと―自閉症との48年の治療過程:乾 吉佑
  • 自閉スペクトラム症男子の性同一性形成の障害(思春期を中心に):山口貴史
  • 思春期発達障害児の児童精神科入院治療:岩垂喜貴
  • ASD の長期経過:岩佐光章


好評発売中!!
子どもの虐待とネグレクト
診断・治療とそのエビデンス



キャロル・ジェニー 編

一般社団法人 日本子ども虐待医学会:溝口史剛,白石裕子,小穴慎二監訳

B5判/1128頁/定価(本体42,000円+税)



日本語版刊行に向けて(キャロル・ジェニー)
はじめに(キャロル・ジェニー)
謝辞(キャロル・ジェニー)
編者一覧
分担執筆者一覧
推薦の辞(市川光太郎)
まえがき(溝口史剛)

T 子ども虐待の疫学

  • 1 子ども虐待・ネグレクトの疫学的問題:研究・調査・通告に関連して
  • 2 身体的虐待の疫学
  • 3 性虐待の疫学
  • 4 親密パートナー間暴力(IPV)の疫学
  • 5 子どものネグレクトの疫学
  • 6 虐待による頭部外傷(AHT)の疫学

U 面接法

  • 7 虐待の疑われる小児・思春期の子どもから話を聞く
  • 8 虐待被害が疑われる子どもの養育者から話を聞く

V 子どもの性虐待

  • 9 性虐待が疑われる子どもの身体診察
  • 10 子どもの外性器肛門部診察における正常所見と正常変異所見
  • 11 性虐待を経験した小児・思春期の子どもの身体所見
  • 12 性虐待と誤診しうる,外性器肛門部に所見を呈する医学的病態
  • 13 法医学的証拠採取キット(レイプキット)
  • 14 性虐待・性暴力被害事例の法医学的証拠分析に使用する各種検査
  • 15 薬物を悪用した性的暴行(DFSA)
  • 16 思春期の子どもの性暴力被害と法定強姦
  • 17 女性性器切除/切断(FGM/C)
  • 18 インターネットを利用した子どもの性的搾取
  • 19 児童ポルノ画像の評価
  • 20 小児性犯罪者

W 子どもの性感染症―疫学・診断・治療

  • 21 前思春期の子どもにおける性的接触によらない外性器肛門部感染症
  • 22 小児期の細菌性の性感染症
  • 23 小児のウイルス・寄生虫による性感染症
  • 24 性虐待・性暴力被害を受けた小児・思春期の子どものHIV感染とAIDS
  • 25 小児・思春期の子どもの性感染症の診断検査

X 子どもの身体的虐待

  • 26 身体的虐待疑い事例の医療診療録の記載法
  • 27 子ども虐待事例の写真記録法
  • 28 虐待による熱傷
  • 29 挫傷およびその他の皮膚病変
  • 30 子ども虐待と誤診しうる皮膚病変
  • 31 骨の発達と健康
  • 32 虐待による骨折
  • 33 被虐待児にみられる骨損傷の画像所見
  • 34 小児期の外傷性骨損傷を評価する際の断層画像の有用性
  • 35 長管骨骨折の生体力学
  • 36 虐待による腹部外傷および胸部外傷
  • 37 虐待による耳鼻咽頭部外傷
  • 38 乳児突然死症候群(SIDS)か窒息か?

Y 虐待による頭部外傷(AHT:Abusive Head Trauma)

  • 39 虐待による頭部外傷(AHT)
  • 40 乳幼児における頭部外傷の生体力学
  • 41 乳幼児揺さぶられ症候群
  • 42 虐待による頭部外傷の画像所見
  • 43 子ども虐待事例における頸部損傷と脊髄損傷
  • 44 子ども虐待における眼損傷
  • 45 AHTの神経病理学
  • 46 小児の頭部外傷のバイオマーカー
  • 47 頭部外傷と誤診しうる病態
  • 48 AHTの予後

Z 子ども虐待の心理学的側面

  • 49 子どもへの性虐待の心理的影響と治療
  • 50 身体的虐待の心理的影響とその治療
  • 51 ネグレクトの心理的影響とその治療
  • 52 DV目撃の子どもへの心理的影響ならびにその治療
  • 53 虐待とネグレクトの脳発達に及ぼす影響

[ 特別な論題

  • 54 養育者の薬物乱用と子ども虐待
  • 55 子どものネグレクトの定義と分類
  • 56 歯科ネグレクト
  • 57 発育不全(FTT:Failure to Thrive)
  • 58 乳幼児・小児における薬物同定
  • 59 転落損傷
  • 60 法歯科学
  • 61 医療的虐待(MCA:Medical Child Abuse,いわゆる代理によるミュンヒハウゼン症候群を含む)
  • 62 チャイルド・デス・レビュー
  • 63 宗教と子どものネグレクト
  • 64 子ども虐待の予防
  • 65 里親養育中の里子のケア
  • 66 子どものマルトリートメントに対応する専門家団体,非営利団体
  • 67 子どものマルトリートメントに関する国際的議題
  • 68 効果的な児童福祉システムに欠かすことが出来ない要件
  • 69 子どものマルトリートメントに関連するコスト
  • 70 支援者に対するケアについて

あとがき(白石裕子) あとがき(小穴慎二) 索引

定評ある子ども虐待医学の包括的教科書!
好評発売中!!

心理学書販売研究会 フェアのお知らせ




【フェア】心理学書販売研究会協賛 「ビジネスマンのための役立つ心理学書フェア」

会場:ジュンク堂書店大阪本店3階 フェアコーナー

期間: 2018年5月1日(火)〜6月30日(土)







【フェア】心理学書販売研究会協賛 ジュンク堂書店福岡店 文庫・新書×専門書企画

会場:ジュンク堂書店福岡店2階フェアコーナー

期間: 2018年5月1日(火)〜2018年5月31日(木)

心理学書販売研究会13社厳選の「専門書」とジュンク堂書店福岡店が厳選した
「文庫・新書」が一堂に会しました!





【フェア】心理学を学ぶひとへー公認心理師へ向けて ジュンク堂書店池袋本店 企画

会場:ジュンク堂書店池袋本店4階 フェア棚

期間: 2018年5月7日(月)〜2018年6月24日(日)

第1回公認心理師試験が平成30年9月9日より実施される予定です。この新しい国家資格試験にむけて、定評のある心理学テキスト、新たに出版されている公認心理師関連の書籍をあつめ、これから心理学を勉強しようとする初学者から、公認心理師を目指す方までの、参考となるようフェアを開催いたします。






e-mail: kongo@kongoshuppan.co.jp

(最終更新:2018.8.27)